【中国のデジタルマネー】にDMWとWFCAが大きく関係する理由!

中国 BTC

いよいよ動き出す?

 

新型コロナウィルスの影響で、

世界各地で遅れていたことが動き出しますね。

 

日本国内でも、

いよいよ緊急事態宣言の全国的に解除、

そんな状況となってきています。

 

そして、

中国では全国人民代表大会(全人代)が開かれました。

 

日本でいうならば国会です。

 

その全国人民代表大会(全人代)では、

ブロックチェーンファンドの設立という提案がなされたようです。

 

「中国でブロックチェーンファンドの設立を」22日から開催の全人代で提案

23日の新京报の報道によると、中国の最高立法機関である全国人民代表大会(全人代)の副代表であるタン・ジエキン氏はブロックチェーン産業発展のための特別ファンドの設立を提案した。

中国では全人代が22日から開かれている。

ファンドの目的は有望なブロックチェーン企業の発展と成長を支援することでイノベーションを促し、ユニコーン企業を育成することにあるという。

コインテレグラフジャパンより一部引用

 

ユニコーン企業というキーワードが出ていますが、

ユニコーンは空想上の動物の一角獣です。

 

空想上の動物ということで、

そこから発展し、

存在が稀な、

上場してもおかしくない、

未上場企業の優良ベンチャー企業等を、

指す用語として使用されます。

 

中国との関係が強いWFCA

 

WFCAについては、

中国の超大手有名企業のテンセントと繋がりがあるとか?

 

その証拠に、

中国のSNS「WeChat」のミニプログラムの「一部手机游日本」に、

DMWが掲載されていて、

DMWのマークと、

99華聯とも記載されてます。

 

WeChat DMW

 

韓国版のミニプログラム「一部手机游韓国」にもDMWのマークが!

 

WeChat DMW 2

 

このテンセントとの繋がりに関しては、

WFCポンコツNEWSでも取り上げられています。

 

 

【WFCプロジェクト】に関わる企業とは?

 

このWFCAプロジェクトですが、

中国との関係性がかなり強いことがお分かり頂けますね。

 

以前聞いた噂によると、

中国で発行予定とされるデジタルマネーの1つに、

このWFCAが大きく関係するという噂も囁かれているようです。

 

新型コロナウィルスによって、

世界的な影響が出て、

動きが止まっていましたが、

ようやく全部の歯車が噛み合い出してくるようです。

Follow me!

【中国のデジタルマネー】にDMWとWFCAが大きく関係する理由!” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です