【長野・松本】WFCA決済の体験イベントが新聞に掲載されました‼︎

NEWS

BIG NEWS

 

これはビッグニュースです。

 

先日6月21日の日曜日に、

長野県松本市にある「浅間温泉 錦の湯 地本屋」にて、

開催されたWFCA決済ができるイベント「長野マルシェ」の様子が、

新聞に紹介されました‼︎

 



 

しかも写真付き。

 

WFCA決済 長野・松本

 

掲載記事の見出しには、

「仮想通貨で地元商品購入」となっています。

 

記事の内容は、

ご覧の通りですが、

  • キャッシュレス決済が可能な仮想通貨の利点・・・、
  • 仮想通貨「WFCA」によって商品やサービスを電子決済で購入・・・、

と掲載されています。

 

WFCAは仮想通貨の域を既に超え、

グローバル通貨に達していますが・・・、

まあ良しとしましょう。

 

それよりも、

新聞等メディアがいよいよ、

公(おおやけ)に認め始めた!

ということですね!

 

このようなイベントや取組で思い浮かべるのは、

既に存在しているデジタル地域通貨です。

 

デジタル地域通貨

 

割と有名な・・・となると、

  • さるぼぼコイン(岐阜県高山市飛騨地域)
  • アクアコイン(千葉県木更津市)
  • シモキタコイン(東京都世田谷区下北沢)
  • 近鉄しまかぜコイン(三重県伊勢志摩鳥羽)
  • NISEKO Pay(北海道)
  • だっちゃコイン(新潟県佐渡島)
  • 竈コイン(宮城県塩釜市)

というモノが存在しているようです。

 

こちらを参照

 

主要な電子地域通貨(地域コイン)6選

 

この中で、

ブロックチェーンを実装しているのは、

三重県の「近鉄しまかぜコイン」ですが、

期間限定での利用のようでしたので、

詳細が掴みきれず終わってしまいました・・・。

 

どのようなブロックチェーン技術を採用しているのか、

決済処理速度や時間について等、

知りたかったですね・・・。

 

その他のデジタル地域通貨については、

いわゆる電子マネーと思われ、

一般的なキャッシュレスと同じ感覚のようです。

 

そのほとんどが、

チャージが必要だったりします。

 

WFCAに関して言えば、

DMWに保有していれば、

QRコードで瞬時に決済処理されるので、

一般的なキャッシュレス決済と速度的にも変わりありません。

 

ブロックチェーン 技術を採用した、

キャッシュレス決済となると、

今現在は、

WFCA以外皆無に等しい限りです。

 

これは誇れることですよ。

 

BTCのように決済処理されるまでに、

時間が数十分かかったり・・・では、

話になりませんからね。

 

そういう意味で、

WFCAが決済手段として利用され始めている!

ということは、

WFCAを応援するホルダーとしては、

とても嬉しい限りです!

 

全国的に、

このようなイベントが各地域で行われ始めているようですし、

イベントだけでなく、

色々なお店で使用できるようになる日も、

遠くはないですね!

 

 



Follow me!

【長野・松本】WFCA決済の体験イベントが新聞に掲載されました‼︎” に対して3件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です