【NFT】プラットフォームやその他の発表が近々ありそうな予感?

NFT

気づけば6月も後半になりました。

 

5月で一般のセミナーが終了したとのことで、

最近はあまり動きがないのかな〜とも思っていました。

 

6月に入ってすぐの頃は、

どんな情報が入ってくるのか楽しみにしていましたが、

なかなか情報が得られず・・・、

と思っていたら、

最近話題のNFTについての発表があるとか?

 

 

NFTとは、

「Non-Fungible Token」の頭文字です。

 

意味としては、

代替不可(他のものとは交換不可能な)とか、

唯一無二とか、

そんな感じの意味です。

 

下記は過去記事ですが参考になれば幸いです。

 

【ダイヤモンド】と紐付ける代替不可(ERC721)のアダマントとは?

 

【ERC721】アダマントをブロックチェーンゲームを用いて解説!

 

NFTといっても、

トークンだけなら、

アダマントの発行で証明されていますので、

特に期待していませんでしたが、

今回は、

NFTのプラットフォームをリリースするとのこと。

 

これの意味をお分かりでしょうか?

 

このNFTプラットフォーム開発はかなり大掛かりな事です。

 

それを、

この短期間で既に開発まで取り掛かっているということに、

驚きました。

 

ちなみに、

通常のNFTのプラットフォームは、

ETH基盤がほとんどです。

 

NFTマーケットプレイス一覧

 

NFTの老舗といえば、

やはり、

OpenSea

でしょうね。

 

MetaMaskと連動させれば、

すぐにオークションにも参加できたりもします。

 

当然、

ETHがないと何もできません。

 

話が逸れましたが、

そのようなNFTのプラットフォーム開発に取り掛かっており、

リリース日がいつなのか待ちに待っている・・・、

そんな情報がありました。

 

やはりWFCAプロジェクトは、

仮想通貨(暗号資産)発行のみならず、

取引所の運営から、

ダイヤモンドの調達や、

そのダイヤモンドに裏付けされたERC721のアダマント(NFT)発行、

地域クーポン(トークン)発行、

日中韓の越境ECサイト、

等々と多岐に渡っていますね。

 

やはりコロナの影響もあるようで、

予想通りや思い通りに事が進まないということに関しては、

致し方無い部分も大きいとも思えます。

 

少し前には、

ブロックチェーントレーサビリティの事業の説明もありましたが、

最近は、

あまり話題には出てきていないような気がします。

 

中国のファーレンとの話や、

トランプ元大統領との話、

色々と待ち遠しいですね。

 

カードについての進捗は、

身近な会員さんへも届いたとの声もあり、

着々と到着し始めているようです。

 

 

その次の段階では、

チャージの仕方等情報が、

いつ入ってくるのが楽しみです。

 

先見の明というか、

次への一手が、

いつも楽しみです。

 

NFTプラットフォームについても、

ETHだけでなくBTCやWFCAでのオークションも参加可能かも?

 

DMWのメインネットがどのように繋がるのか、

とても楽しみです。

 

そんな話も聞こえてきます。

 

さらに、

その次の一手は、

NFTからDEX開発やDeFiへと、

既に取り掛かっているとしたら、

とても面白いんですけどね?

 

そんなことも容易に想像できてしまいますが、

問題は現在の会員(ユーザー)層・・・。

 

ご年配の方々が多いので、

理解に苦しむかもしれません。

 

あとスマホの操作も・・・。

 

とにかく、

早く色々な発表や、

リリースが楽しみなので今後も期待して待つこととしましょう。

Follow me!

【NFT】プラットフォームやその他の発表が近々ありそうな予感?” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です