【BTCとETH】そしてWFCAとは?

BTC

BTC(ビットコイン )はデジタルゴールドと呼ばれます。

 

その由来は、

BTC(ビットコイン)と金(ゴールド)は多くの類似点があるからです。

 

それは、

総供給量(埋蔵量)に限りがあって希少価値がある点、

他に偽造が出来ない点、

本物の証明確認が出来る点、

採掘(マイニング )にはコストがかかる点、

分割したとしても価値の合計は減らないことや劣化しない点、

それらの点を基にBTC(ビットコイン)が設計されたとも言われ、

それ故にデジタルゴールドと呼ばれています。

 

ETH

ETH(イーサリアム)はBTC(ビットコイン )のデジタルゴールドと呼ばれることに対して、

しばしばデジタルオイルと呼ばれています。

 

その理由として、

ETH(イーサリアム)ブロックチェーンの代名詞、

スマートコントラクト。

 

そのプログラムを動かす燃料という意味でGas(ガス)と呼ばれるため、

ETH(イーサリアム)のトランザクションが遅い場合、

「Gas(ガス)代を節約した」

とも言います。

 

その理由から、

ETH(イーサリアム)はデジタルオイルと呼ばれます。

 

WFCA

WFCAとはETH(イーサリアム)ベースのトークンである、

ERC20で生成されていました。

 

今現在は、

独自のメインネット(DMWメインネット)を取得したことにより、

WFCAはEOSやOMGやNEO等と同じアルトコインへ分類されるようになりました。

 

そのWFCAは、

ダイヤモンドと紐付けられたADTDとの交換ができるようになるため、

デジタルダイヤモンドと勝手に呼ぼうと思います。

 

【ダイヤモンド】と紐付ける代替不可(ERC721)のアダマントとは?

 

ダイヤモンドとのことがわかりやすく映像にまとめられています。

 

少し古いですが・・・。

 

Follow me!

【BTCとETH】そしてWFCAとは?” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です