【WFCクラブ】支社とか支社長によって情報格差があるみたい。

!?

WFCクラブには、

全国に14の支社があると聞いていました。

 

その14の支社の中には、

現在支社長不在という支社があったり、

支社として機能していない支社も存在しているそうです。

(それを支社と言うのかな?)

 

昨年末の各地域での現状報告会セミナー(Zoom含む)では、

その14支社から貢献や実績に応じて、

さらに支社が誕生すると言う仕組みがあるとの、

説明がありました。

 

フランチャイズみたいな感じですね。

 

色々と情報が入ってくるのですが、

詳しくはわかりません。

 

ブロック長でも、

支社長を目指せるのであれば、

私たちも目指してみたいのですが・・・。

 

その支社制度は画期的で面白いと思いますが、

現在の支社長の中でも、

WFCAプロジェクトを理解しきれていない残念な支社長がいるようです。

 

正直、

「大丈夫かな?」

と思います。

 

と言うのも、

少し前のお話ですが、

キャッシュバックキャンペーンという、

不思議な話を夏頃に聞きました。

 

内容は、

フリマやマルシェに出店されている対象店舗を現金にて利用(商品購入等)。

その領収書と必要情報を指定の様式に添付。

(WFCAアドレスや氏名や携帯番号等個人情報)

必要情報に間違いがなければ後日WFCAが送られる。

といった感じです。

 

そこで、

疑問に思っていました。

 

誰に何のメリットがあるのかな?

 

この仕組みについて、

よく考えてみたいと思います。

 

WFCAホルダーは、

フリマ等の出店された常設の提携店舗で、

商品を購入したり、

何かしらのサービスを受けたりする。

 

その支払いはWFCAかと思いきや、

現金での支払いとのこと。

 

そして、

現金で支払った際の、

領収書(レシート)やWFCAアドレス等個人情報を、

指定された方法で、

その支社へ送ることにより、

後日WFCAが入手できるとのこと。

 

これには違和感というか、

かなり幼稚なキャンペーンだと思えて仕方ありません。

 

支社長へ確認しても、

話をはぐらかされて詳細わからず・・・、

でした。

 

違和感というよりも、

考える力が無さ過ぎて、

幼稚なのでしょうね・・・。

 

WFCAをばら撒くことと同じようなキャンペーンですから、

WFCAの価値が理解できていないとしか思えません!

 

残念です・・・。

 

もう過去の話みたいですから、

今後このようなことがないことを祈りたいですね。

 

それはそれとして、

最近DMWのWFCA価格が一気に跳ね上がりましたね!

 

WFCA価格更新

 

と一瞬喜んでいましたが、

よく調べてみると、

DMWエクスチェンジの方は、

常に取引されているので、

価格が変動しています。

(当然ですが・・・。)

 

WFCA/BTC

 

WFCAとBTCの取引です。

 

日本国内の取引所ではないので、

日本円との通貨ペアはないようです。

 

BTCの価格が約3,500,000 JPYとして、

WFCA価格は0.043 BTCとの計算すると、

1 WFCA ≒ 150,000 JPYとなり、

特に間違ってはいないようです。

 

余談ですが、

上記のことも理解できていない支社長(?)から、

私たちに問い合わせがありましたよ。

 

となると、

勝手に推測するに、

DMWにDMW EXCHANGEの価格が反映されていなかった?

 

そんな感じでしょうか?

 

支社や支社長によって、

知識や管理体制から営業戦略等、

格差があると感じてしまいました。

 

「木を見て森を見ず」とならないように気をつけましょう!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です